So-net無料ブログ作成

サッカー日本代表速報のまとめ2014

本田圭佑や香川真司、内田篤人をはじめとした日本代表選手はもちろん、2014年サッカー界のあらゆる話題・速報、ネット裏の貴重な情報を、いち早くホットにお届けします!

カテゴリー:武藤嘉紀

武藤嘉紀 ブログトップ

イケメン武藤嘉紀の彼女は? [武藤嘉紀]

どうも、日本代表を応援する大和です!

【スポンサーリンク】




今回は、イケメン武藤嘉紀の彼女について書いてみたいと思います。

その前に日本代表人気ブログランキングをチェック!



日本代表で持ってる男と言えば、元祖は本田圭佑です。
しかし、最近になってにわかに「新持ってる男」「二代目持ってる男」それはこいつじゃねえか?と言われている男がいます。
イケメン・武藤嘉紀です。

イケメン武藤嘉紀の彼女

武藤嘉紀と言えば、キリンチャレンジカップで日本代表に初召集を受けて話題になりましたね。
キリンチャレンジカップはアギーレジャパンの初陣だとして、かなりの注目を浴びた中で、5人の初召集選手がおりました。
坂井達弥(サガン鳥栖)、松原健(アルビレックス新潟)、森岡亮太(ヴィッセル神戸)、皆川佑介(サンフレッチェ広島)、そして武藤嘉紀(FC東京)の五人が日本代表の初召集メンバーとして、キリンチャレンジカップに参加することになりました。
この五人の中で坂井達弥と皆川佑介の札は、なんといきなりのスタメン抜擢でした。
僕からすれば、この二人がいきなりスタメン抜擢される可能性というのは、かなり低いのではないかと見ていたので、完全にサプライズでしたね(笑)
どちらかと言うと、初召集メンバーの五人の中では、他の三人の方がスタメンに選出される可能性はあるとみていました。
いやぁ、今回はアギーレに完全に一本取られましたね。
キリンチャレンジカップの日本代表vsウルグアイの対戦はアギーレにとっての初陣。
そのスタート地点の試合で、いきなりこういった采配をするとは、アギーレのスタイルはまだまだ全然読めませんね。
ただ、思い切ったことをするということは、なんとなくわかりました(笑)
ただ、日本代表選手もアギーレのことを理解できない、予測不可能だという采配が続くようだと、チームの状態、選手と監督の意思疎通を維持する上では、なかなか厳しくなってくるとも予想できます。
代表でもクラブでも、経験や実績は豊富にある監督なので、そこまでは心配しておりませんが。
今回の意外性のある選手起用は、日本代表というチーム、個人個人の選手の対応力というものをテストしたと考えることもできます。
内容と結果とテスト、チームを作る上ではどれも大切な要素になると思います。
それらのうちで今回は、テストに重きを置いたということだと思います。

アギーレにテストされた選手の一人、それがイケメンの武藤嘉紀です。
武藤嘉紀は、日本代表に初出場初スタメンこそならなかったものの、後半13分に皆川佑介との交代で、いよいよピッチに姿を見せましたね!
武藤嘉紀はどんな想いを持って、どちらかと気持ちで札幌ドームを目一杯に埋め尽くした観客の前、栄誉と伝統のある日本代表のサムライブルーのユニフォームを着て、強豪ウルグアイと対戦しているピッチに足を踏み込んだのでしょうか。
僕が武藤嘉紀の立場だったとしたらを想像してみると、めっちゃ胸が高ぶっているだろうなと思います。
心の中で「ヤバいヤバい、きたきた」とか言って、舞い上がって浮き足立ってしまいそうです(笑)

サッカーでのプレーはメンタルコンディションが大きく影響します。
イケメンなだけじゃダメなんですね(笑)
ガッチガチに緊張して視界が狭くなっている状態では、良いパフォーマンスができるわけありません。
かと言って、ユルユルで緊張感の欠片もなく、ヘラヘラした状態でもダメですよね(笑)
ほどよい緊張感を保ちつつも、上手く集中力とモチベーションを高めてゲームに臨む、このようなメンタルコンディションにコントロールすることが大切なのではないかなと思います。
かと言って僕は、武藤嘉紀のように日本代表の試合ほどの大きな舞台に立ったことはないので、想像上の範疇に過ぎないのですが。

武藤嘉紀がどんなメンタルコンディションで試合に入ったか?
内容を見てみると、まるでデヒュー戦とは思えないプレーぶりを見せていました。
そこから判断すると、不要な緊張や不安などを試合に持ち込まず、なかなか良好な精神状態で入り込めたような印象です。
出だしこそ、ちょっと硬さが見られましたが、試合が進むにつれて雰囲気に慣れてきて、武藤嘉紀らしいプレーが出せるようになってきたように感じました。
武藤嘉紀の他の初召集組はどうだったのか?
武藤嘉紀と共に途中出場を果たした森岡亮太は、普段の攻撃的なポジションより、やや守備的なボランチのポジションでの起用だと感じました。
それと同時に試合も終了間際からの出場だったということもあり、良いパスは出していましたが、なかなか評価しずらいですね。
皆川佑介は前線の位置でポストプレーで奮闘していたと思います。
フリーの場面でヘディングでのチャンスはありましたが、残念ながら外れてしまいました。
坂井達弥は、日本代表vsウルグアイの試合の中で致命的となるミスがポロポロありました。
ウルグアイのゴールに直結してしまったトラップミスは痛かったです。
松原健は、今回は残念ながら出場機会がありませんでした。
松原健も、ぜひ見てみたい選手なので、ベネズエラ戦では出場してもらいたいですね。

初召集組五人中四人が試合出場したウルグアイ戦。
これはテストという意味合いから日本代表を捉えてみれば、まずまずだったと思います。
中でも武藤嘉紀は、ウルグアイ戦において日本代表の出場選手15人全員のパフォーマンスを考慮しても、もっとも輝いた選手と評価しても良いのではないでしょうか。
武藤嘉紀が魅せたウルグアイ戦で最大の見せ場とも言える、後半43分に左足で放ったシュートは、ポストを直撃する惜しい一発。
あのプレーだけでも、武藤嘉紀への今後の期待が膨らむような、インパクト大なパフォーマンスです。
しかも武藤嘉紀はウルグアイとの試合後のコメントでは「次は自分のプレーができる」という言葉も聞かれました。
さすがはイケメン。
このような発言が出るということは、ウルグアイとの一戦で武藤嘉紀の中で、かなりの自信や手応えを掴んだのだと思います。
そしてこの発言のきっかけを与えた直接のきっかけとなったのが、あのゴールポストを直撃したシュートだったのでしょう。

イケメン武藤嘉紀の彼女


このように、一夜にして日本代表のシンデレラボーイに躍り出た武藤嘉紀。
ご覧のように顔立ちはかなり整っているイケメンです。
さっきからイケメンって、連呼しているのを見ればすぐにわかると思いますが(笑)
この一人のイケメンは正に「新・持ってる男」を襲名してしまいそうな勢いは、ひしひしと感じられます。
「持ってる」だけではなく、実際に見るからに持てそうですよね。
彼女がいるのかどうか、その辺りの恋愛事情もかなり気になります。

武藤嘉紀はサッカー選手としてのポテンシャルの高さはすでに実証済みですが、恋愛的な要素のスペックの高さもかなり感じられますので、絶対に彼女いそうだとは思いますよね。

端正なイケメン。
話好きな明るい性格。
嫌味のない爽やかな笑顔。
FC東京のプロサッカー選手で日本代表。
慶応大学の経済学部に所属している現役大学生。

ただのイケメン日本代表ではなく、これだけの条件が揃っていたらとすれば、よっちを女性がよっちを放っておくなんてまず、考えられません。
あ、「よっち」というのは武藤嘉紀のニックネームです。
サポーターはもちろんのこと、チームメイトやチームスタッフからも、よっちと呼ばれて親しまれているのです。
イケメンな武藤嘉紀は人からもサッカーからも好かれるパーソナリティの持ち主なので、彼女がいない方がまずおかしいと、普通は思います。


しかし、けれどもですね。
色々とあの手この手を駆使して、武藤嘉紀に彼女がいるのかどうかをリサーチしたのですが、残念なことに、現時点では彼女が存在するのかどうか、はっきりとしたことはわかりません。

あんまり引っ張ってもしょうがないのでぶっちゃけました(笑)

【スポンサーリンク】




現時点というよりも、2011年の時点に「彼女っていいなぁ~」というTwitterでのつぶやきが確認されているので、3年前は確実に彼女はいなかったのだと思います。

こんなにイケメンの武藤嘉紀に、彼女がいないとは意外ですね。
サッカーだけではなく、大学でのキャンパスライフも同時にあります。
2011年のTwitterでの「彼女っていいなぁ~」というつぶやきから、3年が経過しているので、そこから色々と想像することはできますね。

もしかしたら、それから武藤嘉紀と誰かとの間に、ふとした出逢いがあって、そこから恋愛に発展して、今はこのイケメンを密かに支えている彼女が存在しているとか。
武藤嘉紀ほどのイケメンで好青年ですから、心身のトレーニングやコンディショニングが大変なサッカー生活を、裏側で守ってくれる彼女いるというのも、なきにしもあらずだと思います。

ただ今22歳のイケメン慶応ボーイである武藤嘉紀は、現役大学生でありながらプロのサッカー選手としてFC東京でプレーしているので、この辺は長友佑都と重なる共通点があります。
そして、前線の選手と後方の選手ということで、ポジションは違えど、精力的な運動量や、攻撃的でハングリーなプレーやメンタリティも、武藤嘉紀と長友佑都とは似ていると思います。
こういった攻めれる、守れる、走れる、動ける、戦える、それらサッカーに必要な総合的なことが連動的にできるプレーヤーは、恐らくアギーレ好みの選手なのでしょうね。
日本代表に初召集されたのアピールポイントは、そのようにアギーレの目指す方向性とマッチしていたからだと言えます。
武藤嘉紀にしてみれば、なかなか良いタイミングでアギーレが監督になったと思います。

先輩格の長友佑都からは、練習中には「向上する」「上手くなる」という言葉を使っていけと教えられたそうです。
武藤嘉紀と長友佑都ですが、イケメン度合いは若干違うかな?
まあ、容姿に関しては日本海には色んなタイプの選手が集まっているので、イケメンかどうかは、選考基準にはなさそうですね(笑)

日本代表のデビュー戦であれほどの衝撃を与えて、非常に期待できるポテンシャルを発揮した武藤嘉紀ですから、これからは更に注目を集めていくと思います。
ただ、あんまり持ち上げ過ぎたり、過度の期待は押し付けるのは良くないです。
かつて「天才」とか「スター」とか言われて、目立った活躍を見せないまま、消えていく選手を何人も見てきましたから。
武藤嘉紀には、そうなって欲しくないです。


日本を代表するイケメンプレーヤーとして、かわいい彼女のサポートを受けながら、すくすくと伸びていって、世界でも通用するプレーヤーになってくらたら嬉しいですね。
武藤嘉紀は自分でも有言実行タイプだと公言しています。
自分の実力を考えながら、達成できるベストなラインの目標を狙えうことができると。
自分をしっかり持っているということですね。
実際に、口に出して行動することを物語るエピソードもあります。

アギーレが観戦に訪れたFC東京と首位浦和レッズとの試合に際して、たくさんの人からLINEのメッセージが送られてきたそうです。
「がんばれよ」「アピールしろよ」「明日はゴールを決めろよ」といった内容のメッセージに対して武藤嘉紀は、「決めてくるよ」という返信をしたのです。
するとその試合では本当に2ゴールを決めてしまったのです。
このことで改めて、武藤嘉紀は口に出すことの大切さを実感しました。


「イケメンになる」「彼女を作る」そう口にすると、本当にそうなるのかなって思っちゃいますね(笑)
有言実行で、アギーレの目の前で本当にゴールを決めてしまうなんて、勝負強いというか、持っているというか、素晴らしいのは確かです。


そして武藤嘉紀には、飽くなき向上心も備わっています。
現状に満足せずに、いつも自分の課題を見つけて、それを克服するために励むことができる。
そうやって今までも絶えず歩んできたからこそ、日本代表や慶応大学生という肩書きが備わったのだと思います。
はじめからイケメンだったから、今の武藤嘉紀があるわけではありません。
まあ、イケメンは生まれつきなのかな(笑)

イケメン武藤嘉紀の彼女


今メディアがゴリ押しで騒ぎ出してきているというのを抜きにしても、僕は武藤嘉紀のことを、非常に楽しみな存在だと思いますね。
うん、でも、メディアがゴリ押しするのもわかります(笑)
武藤のように、イケメンでビジュアルも立っていて、人当たりが良くて、将来への期待値が高い。
このような条件が揃ったタレントはそうそういないですからね!
彼女がいる、彼女がいないとか周りがにわかに騒々しくなるのもわかります。
武藤本人としてみれば、うざったいというか、ほっといてくれ!と思うこともあるでしょうけれど、これは脚光を浴びた者の宿命で、みんなが通る道なのでうまくやっていって欲しいです。
そこまで報道やネットなどでも騒がれはじめているほどですから、ベネズエラ戦でも何かやってくれるのではないか、という希望を抱かせるプレーヤーです。
武藤嘉紀がこのまま順調に育っていったら、日本代表も更に面白いことになったいきます。
とは言え、過度の期待をかけずに、温かく厳しく見守っていきたいとも考えます。
彼女がいるのか、彼女がいないのか、このイケメンプレーヤーの恋愛事情も、野次馬ですが気にはなりますね(笑)

しかしまだ、武藤嘉紀は日本代表という表舞台に登場して、スポットライトを浴びはじめたばかり。
今まではそれほど情報が出回っていないという側面はありました。
イケメンで才能があるということは、知られておりましたが。
兄弟がいるかどうかとか、彼女がいるかどうかなどは、オープンにはなってませんでしたね。
「俺、彼女いるんだぜ!」とか、プライベートをペラペラ喋るような選手は、ほとんどいないでしょうけどね。
有名になっていけばいくほど、露出というのは避けられなくなり。
注目され人気が出てくれば出てくるほど、プライベートは明かされてしまう傾向はあります。
なので、もしかしたらイケメン武藤嘉紀の恋愛事情、彼女がいるかどうかの情報もポロッと出回る可能性もありますね。
変に騒ぎ立てる必要はありません(笑)

ちょっと寂しくなった時、まだ無名だった時代に「彼女っていいなぁ~」とつぶやいたことはあるかもしれません。
僕だってそういう時もありますよ(笑)

彼女がいない時に、クリスマスとかバレンタインとか、できれば外を歩きたくないのですが。
どうしても、外を歩かなければならない時とかに、仲が良さげに幸せそうな彼女持ちのイケメンとかを見かけた時。
Twitterをやっていたら「彼女っていいなぁ~」みたいにつぶやきたくなるでしょう。
僕がイケメンで彼女持ちだったら、クリスマスやバレンタインも恐れるに足りず、満開の笑顔で街をねり歩くことでしょう。
そういった状況ならばTwitterで彼女のことを羨むようなツイートはせずに済みます。
武藤嘉紀としても、もう彼女のことに言及するTwitterはもう金輪際しないと思いますがね。
そんなことをしたら、イケメン好青年キャラが台無しです。
「おいおい、よっちに彼女がどうとか発言して欲しくないぜ!」そのように思考するでしょう。
こんなに注目されてきた状況でそれやったら、感覚も疑われますね(笑)

日本代表にも内田篤人や柿谷曜一郎などイケメンで知られて、人気の高い選手はいます。
この中で、果たして武藤嘉紀は、日本代表内でどんなポジションを獲得していくかも面白い見物だなと思います。
サッカーアイなどで表紙になってよっちの彼女になりたいと夢見る乙女が多数出現するのも、僕の目には見えます見えます(笑)

もちろん、武藤は紛れもないイケメンですが、イケメンにも色んなタイプがあると思います。
典型的なジャニーズ系イケメン。
Gacktのような王子様タイプのイケメン。
どこか知性を感じさせるインテリ系イケメン。
男らしくて野性味あふれるワイルド系イケメン。
ジャンルに縛られない個性派イケメン。
ドS的要素が感じられる俺様系イケメン。
やさしい系、かわいい系のイケメン。
他にもスポーツ万能系。
よーく見るとそうでもないのに醸し出すオーラがなぜか惹かれる雰囲気イケメンもいます。
あとは、ラーメン・つけめん・僕イケメンなお笑いタイプも(笑)
一口にイケメンと言っても多種多様、色んなタイプがいたりします。
武藤はタイプでいうとどこに分類されるのでしょうか?
内田とも違うし、柿谷とも違うタイプです。
どこか知性も感じられつつ、爽やかな笑顔を振り撒く好青年であり、スポーツもできる…総合的に見ると爽やか系イケメンだと思います(笑)
性格に難があるようには見えないですね。
どちらかと言うと、人と話すのが好きで明るい感じなので、まず人から避けられることがないと感じられます。
深い付き合いがあるわけではなくて、個人的に抱いたただの印象なので、もし全然違っていたらすみません(笑)

今回の日本代表の合宿中は、憧れの二大先輩である本田と長友の二人と会食する機会もあったそうです。
その時は、イタリアのマスコミは厳しいということや、FC東京の監督であるフィッカデンティのことなどが話題になったそうです。
フィッカデンティはレッジーナで監督をしていたこともあり、その時に長友も所属していました。
早速、日本代表の中でもトップクラスの実力と実績を誇る本田や長友との距離を縮めた武藤。
これは今回の日本代表の活動においても、これからの武藤のサッカーのキャリアにおいても貴重な財産となると思います。
本田も、新しく呼ばれた選手は才能の豊かな選手ばかりだと言及しています。
ただ、そこから伸びるも伸びないも、化けるも化けないも自分次第だということも触れています。
そうですね。
一度日本代表に呼ばれて満足してしまうのか、二度目、三度目と重ねて呼ばれて、定着していかない選手も中にはいますから、武藤にはそうはなって欲しくはない。
キリンチャレンジカップでも活躍して、どんどんアギーレにもアピールしていき、日本代表に定着するのはもちろん、チームの主力、中心メンバーに育ってくれたら嬉しいです。

彼女がいるのか、彼女がいないのかわかりませんが、最近の充実度合いから察していくと、そんなことはどうでもいいという気持ちもします。
彼女がいるから充実している、という見方もすることもできます。
同時に、彼女がいなくてもサッカーが彼女だくらいの(笑)
サッカーでプレーする喜び、伸び盛りなので、試合に出てプレーをして成功と失敗を重ねるたびに成長していく武藤がいれば、十分という気もします。
これから、武藤がどんなふうに成長していくのか、どんなふうにステップアップしていくのか、はっきりとしたことは断言できません。
でも、最終的には武藤のことをしっかりと理解してくれる彼女。
サッカーをして疲れたり、すり減らしたりしてしまった武藤をケアしてくれる彼女がいてくれると、助かるという部分もあると思います。
やはり、そんな彼女の存在があるだけで全然変わってきてしまうと思うのです。
僕が見た動画インタビューに、武藤への質問に「どんな女性がタイプですか?」とありました。
それに武藤はこう答えました。
「チャーミングな女性がいいですね。綺麗というよりかわいい方が好きです」
じゃあ、僕は彼女になれるかな?
まあ、これはあっさり脚下ですし、冗談ですが。
気持ち悪いこと言ってすみません(笑)

イケメン武藤嘉紀の彼女武藤嘉紀
この子はかわいいですけど、彼女にする対象年齢にしては低すぎましたね。。


サッカー選手の彼女とかって、どちらかと言うと綺麗なタイプの女性が多いかなという印象があります。
まあ、オーバーな表現かもしれませんが、サッカー選手そして武藤ほどの茶話やイケメンキャラだったら、彼女も選り取りみどり的なところはあるかもしれません。
FC東京でも、日本代表でも練習場や試合の前後には「よっち!」という黄色い声援が飛び交っているそうですからね。
男の中にはアバウトですが、女だったら誰でもいい的な感じの人もいるかもしれません(笑)
でも武藤はしっかりと自分を持っていると感じますし、そうだと信じたいのですが、自分に合った彼女を選んでもらいたいです。
近づいて来た時は爪を隠しているけど、いざ付き合ってみるとワガママし放題とか(笑)
そういった彼女だったら、パフォーマンスにまで影響してしまいますから大変です。
ワガママな彼女に振り回されるイケメンとか、ちょっと悲しいですからね。

綺麗な彼女が欲しいとか、かわいい彼女が良いとか、本当は誰しも好みはあって、紛れもなく武藤自身にもそれがあります。
かわいい彼女がタイプだとコメントを嬉しそうにした武藤を見た時は「ああ、確かに」と感じました。
武藤には綺麗な美人な彼女よりも、かわいらしいキュートな彼女の方が似合うだろうなって。
ちなみに、いらない情報かもしれませんが、僕もかわいらしい女性の方がタイプです(笑)
彼女にしたいタイプの女性を聞くと、武藤と仲良くなれるかも?とか、勝手に妄想すら湧いてきます。
武藤はイケメンですが、どこか親しみがあって、プライドが高くて近寄りがたいというタイプではないですね。
なので、人見知りな僕にも気さくに話しかけてくれそうです(笑)
かわいい彼女を持ったイケメンが話しかけてくれると嬉しくなりますね、なぜか。
よーし、僕もかわいい彼女持ちイケメンを目指すぞ!という希望ややる気がみなぎってきます。
単純って言われようが、それで良いのです(笑)


武藤嘉紀はまだまだ可能性を秘めたプレーヤーの一人です。
そのプレーやイケメンなビジュアルから、さらに人気が加熱していくことも予想されます。
できれば人気だけではなく、実力もそれ以上に備えるトッププレイヤーとして育って欲しいと願います。
そして、本田圭佑以上の持ってる男として、日本代表の攻撃を牽引して、バンバン素晴らしいゴールを決めてもらいたいです!

イケメン武藤嘉紀の彼女についてでした!

【スポンサーリンク】




共通テーマ:スポーツ
武藤嘉紀 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。